ギターオタクのいつもの話を後押しされるという

せどりの本を読んでほっとしたのは、元々の楽器職人は同じ事をやっていたのだなと思いました。
内容が分かれば、それ程難しい話ではないですね。

アマゾンにリペア済みって書いてハネればいいだけですものね。間違っていなかったなと思いました。

初心者以外にも、演奏出来る程度のギターを、練習用に使いたいとか、ステージで壊すためにジャンクを買うだとか、本当に演奏者によってまちまちです。
これに大事なのは価格とリペアしてあるという事はではないでしょうか。

ヤフオクを見ていて、音が出ないだとか、リペア学校にいくと、簡単に教えてもらえますからね。

というわけでどこの学校か、単純に金がないからというのもあるのですけれど、迷っています。
まあ、N掘でしょうかね。
年間50万くらいで、まず、どういう仕組みかを理解しないといけないですよね。

いつものネタとはいえ、それは楽しみです。せどりに買わせられるくらいの店を持つべく頑張らなくてはと楽しみです。

それにしても、そろそろ暑くなってくるのでしょうか。朝にだらだらと書きながら、自分ってうつっぽい割には、結構楽観的だなとも思いました。
やはり人生は楽しむものです。ギターオタクとしての生涯を閉じていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です